RYO
1972年11月26日生まれ。MC担当。
個性的な高音ボイスの持ち主で、早口ラップと下ネタと自虐ネタが持ち味。辛口なメッセージをユーモア混じりに書かせたら右に出る者なし。
05年発表の山下達郎「Kissから始まるミステリー」にフィーチャリング参加。アルファのツボイとNAMとで組んだタサツでは03年にアルバム『ぼくらの五日間戦争』を発表している。
体はちっちゃいが大きな心で人を包み込むケツメイシ影のリーダー。
RYOJI
1974年12月14日生まれ。ボーカル&MC担当。
ケツメイシの楽曲制作の中心人物。歌とラップの両刀使いで、切なさと優しさと力強さを感じさせるソウルフルな歌声を持つ。
これまでにCHEMISTRY、中島美嘉、SMAP、NEWSなど、数多くのアーティストに楽曲を提供。STUDIO APARTMENTやMCUの楽曲には客演で参加している。
人一倍照れ屋で、人一倍寂しがり屋。でも誰よりも熱い心で義理人情を忘れない。
大蔵
1976年3月14日生まれ。MC担当。
ケツメイシのリーダー。骨太な声で、陽気な曲からしんみり曲まで柔軟にこなす。ライブでは仕切り役&盛り上がり前のビール一気を担当。
これまでにDragon Ash「Luz del sol」や山嵐「Walking Under The Sun」に客演。DJとしても全国各地のイベントに出没している。
DJ KOHNO
1977年6月28日生まれ。DJ担当。
ライブの選曲リーダー。楽曲制作では最も飛び道具的なアイデアを出し、洗練を極めるケツメサウンドにスクラッチで現場の味をプラス。
09年にミックスCD『I LOVE R&B ~The New Decade int.』をリリース。関ジャニ∞「輝ける舞台へ」(『FIGHT』収録)を楽曲提供している。
音楽・スポーツ・お酒をこよなく愛すグループ最年少。クラブイベントでのDJ活動も精力的に展開中。

「ケツメイシ」

1993年、RYOが通う大学の仲間が中心となってケツメイシの母体が誕生。
1996年頃に現メンバーのRYO(MC)、RYOJI(Vo)、大蔵(MC)、DJ KOHNO(DJ)で結成される。
1999年12月に初インディーズ曲「こっちおいで」を発売。
2000年12月に1stアルバム「ケツノポリス」をリリース。沖縄・首里城前で撮影されるジャケットが以後のアルバムでシリーズ化する。
2001年4月、「ファミリア」でメジャーデビューしてからは、ヒップホップとレゲエを下敷きにあらゆるジャンルを飲み込むスタイルで、スマートながらも人間味が伝わってくる中毒性の高いナンバーを連発。
2005年2月に発表した「さくら」は初のシングルチャート1位を獲得。同曲を含むアルバム『ケツノポリス4』は国民的ヒットを記録し、ケツメイシの人気を不動のものにした。
人生の機微にふれる歌詞には定評があり、ラブソングをはじめ、友情ソング、人生応援ソング、パーティーチューン、社会風刺から下ネタまで、豊富な語彙と独特の着眼点で日常の喜怒哀楽を巧みに切り取る。
ライブパフォーマンスも評価が高く、これまでにアリーナツアーを含む6回の全国ツアーを開催。笑いと涙、興奮と感動が一度に味わえるステージで多くの観客を魅了している。
2011年12月、春夏秋冬の季節別に選曲したベストアルバム『ケツの嵐』4種とミュージックビデオ集『ケツの極』を前代未聞の5作同時リリース。
2012年4月にavex traxに移籍。7月に移籍第一弾シングル「LOVE LOVE Summer」をリリース。12月には、エレクトロやEDMなど、海外のクラブシーンの最先端の潮流を意欲的に取り入れた8thアルバム『KETSUNOPOLIS 8』をリリース。移籍により、アルバムタイトルがアルファベット表記へ変化。ジャケット写真もお馴染みの首里城ではなく、バンコクで撮影。
2013年5月、シングル「月と太陽」をリリース。ミュージックビデオでは、マイケル・ジャクソンによって彼の専属ダンサーに選ばれ、 2年契約を交わすもマドンナとの契約中のためそれを断念したという逸話を持つケント・モリが出演し、振り付けを担当。
2014年3月、シングル「カリフォルニー」をリリース。6月、シングル「RHYTHM OF THE SUN」をリリース。7月には、9thアルバム『KETSUNOPOLIS 9』をリリース。ジャケット写真は、W杯もあるからとブラジルが候補にあがったが、予算の都合で沖縄で偶然見つけたブラジル食堂前で撮影。
2015年2月、「三代目ケツメイシオーディション」をきっかけに出会った、ケツメイシがプロデュースする新人、1 FINGER(ワンフィンガー)とともに制作したミニアルバム『KTMusic』をリリース。
2015年3月より、全国15ヶ所28公演に及ぶ、約2年ぶりの全国ツアー『【アドベンチアーズ】KTM TOUR 2015 シモネティーナと4人の賢者~失われた聖水を取り戻せ~』を、3月21日の静岡エコパアリーナから7月26日の沖縄・宜野湾海浜公園屋外劇場まで開催。
2015年10月、前代未聞のエンターテインメント・ショーとして4月19日に行われたさいたまスーパーアリーナでの公演の模様を全曲ノーカットで収録したDVD・Blu-ray『ケツの穴...こだわらへん』をリリース。
2016年8月6日 日産スタジアムにて、一夜限りのライブ『ケツメイシ 15th Anniversary 「一五の夜」 ~今夜だけ練乳ぶっかけますか?~ with キットカット ショコラトリー』開催。チケットはソールドアウトとなり日産スタジアムは7万人のKTMファンで埋め尽くされた。
2016年10月26日、記念すべき10枚目のアルバム「KETSUNOPOLIS 10」のリリース。
さらに2016年11月30日には日産スタジアム公演をDVD、Blu-ray化した『15th Anniversary 「一五の夜」 ~今夜だけ練乳ぶっかけますか?』リリース。
2017年3月からは全国アリーナツアー『KTM TOUR 2017 幻の六本木大サーカス団「ハッキリ言ってパーティーです!!」』を開催。
2017年7月19日に、DHC[F1]ミネラルベースメークシリーズCMタイアップ曲にもなっている34th Single「はじまりの予感」をリリース。